菅原商店米粉の小袋

  • 2010.06.13 Sunday
  • 08:27
菅原商店さんの米粉の小袋が発売されました。
今までは1kg入りのみで、
ちょっと多すぎるのよねーとの声が多かったので、
うれしい使いきりタイプです。

 
ケーキ用 300g 306円/ パン用 300g 315円

先日、お友達のお家におよばれしたので、
米粉のスノーボールクッキーに挑戦したものの、
油の分量を間違えてしまい、粉を足したりしたために、
サクサクほろほろどころか、かっちかちの何だんご?状態…
まぁーお土産に出来るような代物ではなく…{/まいった/}
あっくんだけがまずまず食べてくれたのがせめてもの救いです。。。
-----

米粉でポンデケージョ

  • 2009.12.20 Sunday
  • 19:23
いつもコメントをくださるまさよさんに触発され、
米粉でポンデケージョを作ってみました。



<材料>
パン用米粉 200g
砂糖     10g
クリームチーズ(無塩) 100g
塩       小さじ1
豆乳      200cc
オリーブオイル 小さじ2

1、豆乳を沸騰直前まで温める。
2、そのほかの材料をすべてボウルに入れ、混ぜる。
3、1の豆乳を加えよく混ぜる。
4、190度のオーブンで30分焼く。

とっても簡単で、もっちりおいしいです!

1回目に作ったときは、塩が入っていないチーズだということをすっかり忘れ、
間の抜けた味に出来上がってしまいましたが、
2回目は無事おいしく出来上がりました{/汗/}

今回はクリームチーズを使用して、チーズを練りこんだ風になりましたが、
固形のチーズを削ったりして、チーズの残ったのもいいと思います。
粉チーズもいいようです。
そのチーズの塩加減によって、塩の量を加減してみてください。

お試しくださーい!




そしてそして、菅原商店さんの米粉を使ったレシピ本が発売されました!!

1260円
米粉アドバイザー・雑穀アドバイザーのゆあさよしこ先生監修です。
ケーキ用米粉、パン用ミックス粉、マシュマロ風米粉それぞれの項目に分かれ、
かなり充実のラインナップです。
どれも作ってみたくなるものばかり。

ゆあさ先生は、山形の白鷹町ご出身だそうで、勝手に親近感。

佐藤商店にて好評発売中です!!

菅原商店さんの十五穀米

  • 2009.11.15 Sunday
  • 18:33
200g 790円

これまで、菅原商店さんと藤崎の限定販売だった、菅原商店オリジナル十五穀米を、
佐藤商店でも販売できるようになりました。

この雑穀米ができるまでの道のりは→こちら

日本雑穀協会の雑穀アドバイザー ゆあさよし子先生監修。
そして、なんと言っても、作っている人の顔の見える雑穀米です。

≪こだわりの雑穀15種類≫
○発芽玄米(ひとめぼれ)・・・大崎市 小関さん
○大豆(ミヤギシロメ)・・・加美町 今野さん
○黒米 ○赤米・・・大崎市 鈴木さん
○えごま・・・色麻町 色麻産業開発公社のみなさん
○そば・・・大崎市 高橋さん
○もち米(みやこがね)・・・今野さん
○黒豆・・・大崎市 加藤さん
○あわ ○きび ○ひえ ○たかきび・・・岩手産
○小豆・・・北海道産
○大麦 ○米粒麦・・・国産

食物繊維、ミネラルたっぷり。
香ばしいかおりをどうぞお楽しみください。
-----

米粉のカスタードクリーム

  • 2009.07.13 Monday
  • 15:59
昨日、春巻きの皮があったので、
米粉のカスタードクリームを作り、春巻きの皮に包んで揚げてみました。


アツアツでいただくと、すごくおいしかったです!

家族にも大好評でした!

作り方は、菅原商店さんのブログのシュークリームのページをご覧ください。
こめ粉パン用ミックス粉を使います。
それから、今回は、牛乳の代わりに豆乳を使いましたが、
おいしかったです。

ライスペーパーでやれば、米粉オンリーに、より近づきますかね…
でも、破れないで上手に揚げる自信がないです…


-----

米粉を使って その2

  • 2009.06.09 Tuesday
  • 22:05
先日の日曜日は、米粉三昧でした。


米粉パン用ミックス粉で。
材料は前回と一緒。
ただ、白神こだま酵母ドライを10gでやってみました。
そしたら、ふくらみが前回よりよく、おいしくできました。


同じく、米粉パン用ミックス粉で。具は、茄子とシメジ。
こねて、15分のベンチタイムまで、パンと一緒の作り方。
等分した後、薄く広げ、フォークで穴を開け、具をのせて、焼きます。
主人は、高校生時代ピザ屋でバイトの経験があり、
生地をのばすのはおまかせです。
上手に薄くのばしてくれました。

写真手前は、チーズの代わりに炊いたもちあわをのせたピザ。
写真奥は、先日上杉のチーズ専門店『Au Bons Ferments(オー ボン フェルマン) 』
で買ったカチョカパロのピザです。
(オー ボン フェルマンさんでは、用途を伝えると丁寧に教えてくださいます)
チーズ大好きだった私も、マクロビを知ってから、口にすることも少なくなりましたが、
たまに無性に食べたくなることがあります。
どちらももちもちの米粉のピザ生地にピッタリでおいしかったです。


チーズつながりで、もうひとつご紹介。
少し前、友人のお母様から贈っていただき、
あっくんもおいしく食べた『月のチーズ』です。
北海道のフレッシュなクリームチーズ、お取り寄せの価値あり!です。


-----

菅原商店に行ってきましたー!

  • 2009.06.05 Friday
  • 10:40
昨日、加美町の菅原商店さんにおじゃましてきました。
ずっと、おかみさんの啓子さんにお会いしたいと思いつつ、
啓子さんもお忙しい方なので、なかなか都合がつかず、
昨日になってしまいました。


以前、おじゃました中勇酒造店さんや田中酒造店さんの近くでびっくり。
同じ道を通ったはずなのに、そのときは気づかなかったんですね。

おかみさんの啓子さんが出迎えてくれ、
今日始めて作ったという、マシュマロ風米粉で作ったマシュマロ餅と、
袋のレシピにも載っているたまごパンをご馳走になりました。

写真手前が、マシュマロ餅。白すりごまがまぶされています。
なんと、マシュマロ風米粉:水=1:1と砂糖を混ぜ、棒状にのばし、切っただけ、
火を通さずにすぐ食べれるのよ、とのこと。もっちもち、でも他にない食感。
マシュマロ風米粉は、焙煎してあるので、火を通さなくてもOKなのです。
簡単で、おいしく、非常食にもいい、と教えてもらいました。

写真奥がたまごパン。ふわふわで、おこさまウケまちがいなしのおいしさでした。

おかみさんとは、自営業に嫁いだ嫁として、境遇が似ていることもあり、
いろんな話で盛り上がり、いっぱい刺激をいただきました。
心から米粉を愛していて、
皆さんにこの米粉のおいしさを知ってもらいたい!
米粉を使ってもらいたい!という想いにあふれていらっしゃいました。
その思いが、この米粉にも伝わって、さらにおいしくなっているんだなぁと思いました。

お話を伺っている間も、お客さまがひっきりなし。
「これ、どうやってつくんのっしゃ?レシピあんの?」
おかみさんが丁寧に教えていらっしゃいました。
おかみさんのお人柄も菅原商店さんの米粉の味のひとつだなぁと実感しました。

話が尽きず、名残惜しかったのですが、新しいレシピを伺って、帰ってきました。
ぜひ作ってお店で売ったらいいさー、と言われてきました。
ますます何屋かわからない、といわれそうですが…頑張ります!!



ちょっと寄り道…
菅原商店さんから、ちょっと西に行ったところにある『工芸 藍学舎(らんがくしゃ)』。
パレスチナ・オリーブの雑貨や石けんを扱っていらっしゃいます。
素敵なお店です。
昨日は、土曜日からの展覧会の準備中でした↓
・6日〜14日 美ら海と山里の染めと織り「新祐二・笠原博司二人展」
0229-63-4739

米粉を使って

  • 2009.05.07 Thursday
  • 16:28
実家で過ごす間、米粉のパン作りに励んできました。


【材料 12個分】
米粉パン用ミックス粉 240g
強力粉          60g
てんさい糖        20g
自然塩          6g
白神こだま酵母ドライ  6g(溶かすぬるま湯30cc)
菜種油          20g
水            200cc
           
1.白神こだま酵母ドライをぬるま湯30ccで溶かしておく。
2.水以外の材料を軽く混ぜる。
3.溶かしておいた酵母を分量の水で溶き、2に加え、ゴムベラでまとまるまで混ぜる。
4.手に取り、滑らかになるまでこねる。
5.ひとまとめにして、12等分し、丸める。
6.15分間のベンチタイム。ふきんをかぶせて乾燥を防ぐ。
7.成型。ふきんをかぶせて、発酵30分〜50分。
8.粉をふるって、190度のオーブンで20分焼成。

菅原商店さんのレシピを参考に、ちょっとアレンジを加えました。
パンを自分でこねて作ったのは、初めてでしたが、
このレシピだと簡単で、しかもおいしい!
実家の家族にも大好評で、毎日作って、持参した米粉1kg使い切ってきました。

それから、マシュマロ粉で、さくさくビスケットも作ってみました。
ちょっと焼きすぎた…
まさにサクサク、この食感はこのマシュマロ粉だからこそだろうと思います。


菅原商店の米粉

  • 2009.04.23 Thursday
  • 14:00
この度、縁あって、加美町の菅原商店さんの米粉を扱うことになりました。
個人的には、シチューなどには使っていましたが、
(バターも牛乳も使わず、簡単にホワイトソースができるのです)
蒸しパンを作るようになってから、米粉の蒸しパンも食べたいとの声をいただき、
いつか作ってみたいと思っていましたが、ついに実現となりました。

菅原商店さんといえば、宮城県産の米を使った米粉で有名で、
おかみさんの啓子さんは、米粉を使った料理の普及に努めておられる方です。
啓子さんのブログには、様々なレシピが満載です。

米粉と一口に言っても、4種類あります。

・だんご粉1kg 819円(税込み) …もち米60%・うるち米40%
      300g 305円(税込み)

・ケーキ用米粉 1kg 525円(税込み)…宮城県産うるち米100%


・こめ粉パン用ミックス粉 1kg 630円(税込み)
             …宮城県産うるち米80% グルテン17.5% 麦芽糖2.5%


・マシュマロ風米粉 1kg 756円(税込み)
             …もち米を蒸して乾燥させた道明寺粉を細かい粉にして、
              特殊な焙煎をして仕上げたもの


今日の蒸しパンには、ケーキ用米粉を使ってみました。
いつもの材料で、はるゆたかの代わりにすっかり同じ量でやってみました。
かなりもっちり、食べ応えのある蒸しパンになりました。

黒糖&くるみ&えごま 米粉バージョン
切り方がへたくそでした{/大汗/}

まだまだ私も米粉初心者。
啓子さんのブログにはいろいろなレシピが紹介されているので、
少しずつ試してご紹介できれば、と思います。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM