お客さんになりた〜いと、心の叫び!

  • 2016.05.25 Wednesday
  • 08:11
おはようございます。
 
薄いもやがかかった湿度の高い朝。
昨日の夕方頃から梅雨の気配を感じる湿度。
あと2週間程度で仙台も梅雨入りかな。
週末は天気が良さそうなので、
仕事放り投げて家族とあの山にでも行こうかな。


 
梅雨と言ったら紫陽花。
仙台で紫陽花と言ったら、“あじさい寺”として知られている資福寺。
四季を通じて数多くの花々が楽しめる寺として別名“花寺”とも呼ばれています。
その資福寺に、ヒトミワイナリー(滋賀県)の栽培・醸造を担当する
山田さん、南里さん、三浦さん、そして先月ワイナリーを退社した、
Mr.ヒトミの岩谷澄人さん、そして111名のゲストの皆さんが一同に集まり、
緑が溢れる境内で、快晴の空の下開催された『ヒトミと資福の時間』。
まさに至福の時間!
参道の緑のトンネル、お寺さんだけに極楽浄土へに向かうかのような激坂のアプローチ、
受付にたどり着き、カラカラの喉を潤す、人生をかけた『命の水』。


あのアプローチから会はスタートしているのだと、改めて感じた一瞬。
本当にやってよかった〜と。
お客様の心に、僕たちスタッフの心にも刻み込まれた今回のイベント。
(お客さんになりた〜い!と心の叫び)

このグラスのデザインに込められた深い深い意味。


天気にも恵まれ、ただ気持ちよいだけではない、
何かを超越したかのような、あの雰囲気と風、鳥のさえずり、木々の音。
その中で楽しむ、食の力や優しさ、作る方々の気持ち。
そして畑の力、葡萄の力を信じて、醸す『命の水』。
『気持ちいい♪』の言葉に全てが集約されているのでしょうね。
お昼前後の暑い日差しから、日が少しずつ傾き竹林に吸収され、
吹き抜ける心地よい風とともに柔らかい光が差し込み、
僕らを見守っていてくれた一日。
 
参加して頂きました皆様、本当にありがとうございました。
ゴミの分別、マナー、大人の対応。感謝致します。
スタッフとして関わってくれた皆さん、本当にありがとう。
一人でもかけていたらと考えると・・・
何事にも変えがたい、気持ちの共有があった家族のようなみんな。
また小さな事からコツコツと丁寧に積み重ねていきましょう。
 
会が終わり、本堂に一礼。
張り詰めた心の糸が少し緩んだ瞬間。
またいつか・・・
いや必ず・・・
同じ場所で・・・
またみなさん、お会いしましょうね♪
ありがとうございました。
感謝。
 
最後に、
歴史ある資福寺を、会場として快く受託してくれましたご住職。
本当にありがとうございました。感謝いたします。
“資福寺”
一年を通じて四季様々なお花が見られます。
これからは紫陽花がキレイな時期、散歩がてら是非お立ち寄りください。
周りには沢山のお寺や素敵なカフェもあります。
 
 
ヒトミワイナリー
Sans Soufre Rurale Dela Blanc 2015 白 微発泡    
生産地:滋賀県東近江市
品種:デラウエア100%(山形県高畠町、大野農園)



 
(有)佐藤商店  担当:佐藤守
〒980-0871
宮城県仙台市青葉区八幡2丁目21-29
TEL 022-234-2468
FAX 022-234-2470
メールアドレス satosyoten-1941@ymail.plala.or.jp
HP  http://sendaiekimae.com/sato_shoten/
オンラインショップ http://satosyo1941.shop-pro.jp/
ブログ http://sendaihachiman.satosyo1941.shop-pro.jp/ 
facebookページ https://www.facebook.com/satoshoten
 

『ヒトミと資福の時間』inあじさい寺を開催するにあたり思うこと。

  • 2016.05.12 Thursday
  • 03:47
おはようございます。
 
二日間、降ったりやんだりしていた雨。
天気も回復し気温も上昇。
まさに五月晴れ。
もともとは梅雨の合間の晴れの事を指していた言葉らしいですけど
昨日の様な5月の天気は五月晴れと言ってますね。
今朝も気持ちいい空気を全身に取り込んでスタート!
仙台市内の緑も一気に濃く色づいてきて
様々なお花が咲き誇ってきました。
早朝のワッパ家業、窓全開!
榴ヶ岡公園付近、車内に飛び込む緑や土の香りと
ラジオ(J−WAVE)から流れるノリノリの音楽。
昼間はゆったり、西公園や定禅寺通り付近の緑のトンネル。
街中のチョッとしたスペースに咲くお花。
一年で一番心地よい風が漂い、全身で季節を感じる時。

そんな時期に開催される

「ヒトミと資福の時間」inあじさい寺


先月お伺いした時は桜の時期で、
まだ草花も芽吹き始めの頃。
色合いも淡く若々しい生命力みなぎる力。
22日にはどんな表情を見せてくれるのでしょうか。
草花が咲き乱れ、鳥のさえずりや、風で木々が動く音がBGMとなり
季節が一歩進んだ資福寺を堪能出来るのではと思っております。

ご存知の方も多いのではないかと思いますが、
ヒトミワイナリーの醸造・栽培責任者の岩谷澄人さんが
先月末でヒトミワイナリーを退社致しました。
様々な方から『岩谷さん来ないの?』、『本当にやめたの?』
『イベント大丈夫?』とのお声を多く頂戴しましたが、
ご安心くださいね。
ヒトミワイナリーの岩谷澄人としてではなく、
一個人、一人の男として、、、
ヒトミワイナリーの立ち上げから今までの礎を築いてきた男として
責任を持って「ヒトミと資福の時間」inあじさい寺に参加してくれます。
当然、ヒトミワイナリーの山田さん、南里さん、三浦さんも。
ヒトミワイナリーさんとお付き合いを始めて約5年。
岩谷さんが居るから、岩谷さんが醸造したワインだから
自分も誰に何と言われようが、丁寧に伝えてきて、
やっと今の安定したワインの動き、リピートしてくれるお客様に支えられ、
ここまで来れたと思っております。
ワイナリーとしての精神的支柱、原材料の葡萄の確保、
HPやショップの管理、ワインのラベルデザインにいたるまで、
彼が関わっていた事やモノは多種多様にわたります。
その彼がワイナリーから居なくなった今、
自分の心にはポッカリと穴が空いた感じ。
気持ちの割り切りも必要なのだろうけど、
彼が居たから、彼がヴィニュロン(栽培兼醸造家)だから
ワイナリーとお付き合いを始めた自分。
彼が居ないヒトミワイナリーは考えられない・・・・・

会を中止?延期?岩谷さんを除いた3名のスタッフだけをお呼びして・・・?
でも、岩谷さんがいないヒトミワイナリーの会は考えられないし、
自分の中では二択しかなかった。
ある常連のお客様にも『岩谷さんのいないヒトミの会、寂しいよね』と。
悩んでる場合ではなかった。
退社を止める事は出来ないが、兎に角、仙台に来てと。
多くの仙台の飲み手を魅了した責任をとれと(笑)←真剣に。
会社にも(大汗)
ここでは書けない事満載の1週間。
無事に、去年と同じ4人が仙台に揃う。
素直に嬉しい。

「ヒトミと資福の時間」inあじさい寺と銘を打った会だが、
岩谷澄人さんのヒトミワイナリーとしての最後のワイン会、
足跡を辿る会になるだろう。
寂しい、非常に寂しいのだが、これも人生だ。
どう生きるか、どう生き抜くかが彼の人生のテーマ。
そのテーマを仙台で伝えて欲しい。

日本で、”にごりワイン”という礎を築いたのは
彼、岩谷澄人であると今でも思ってる。
ヒトミワイナリーが産声を上げて約20年。
苦節、苦悩をしていたあの頃。
でも彼は楽しく充実していたのではないだろうか。
でも現在は・・・
先日、『佐藤くん、俺・・・やめてほっとした・・・』と電話で
深い、深い意味がある言葉。悔しい、とても悔しかった。
でもコレが彼の本音なのだろう。
色々ある、本当に色々ある。

多才まれな才能を持った彼が、
またどこかで近い将来、葡萄を栽培・醸造し、
出来上がった陽気で楽しいワインを手に、
笑顔で僕の前に現れてくれる事を願う。

当日は楽しくクラスを傾けながら
彼に一言かけて欲しい『楽しみに待ってるね♪』と。


どうするの今後・・・と、皆様によく聞かれるのでこの場で。
今後のヒトミワイナリー様とのお付き合いですが、
継続させて頂こうと思ってます。宜しくお願いします!
今回の事があって、当初は岩谷さんが居ないなら・・・と
思ったりもしました(正直に)
でも、残された彼らの言葉を聞いて、素直に応援したいと。
今年の秋からの醸造には”彼はいない”。
全て一からのスタート。
もしかしたらマイナスからのスタートかもしれない。
彼らが考え導き出した答え(ワイン)も大事だが、
過程を大切に見守りたい。
取り扱う種類や本数は変わるだろうし、
以前より厳しい心での判断になるだろう。
でも自分自身、佐藤商店としても
ヒトミワイナリーさんに支えられて来た5年間。
恩返しなんて大それたことは言える立場ではないが、
ただシンプルにあの3人を見守り、
試行錯誤しながら成長する姿を見届けたい。
今はそんな気持ちだ。
『ファイト〜!山田、南里、三浦〜!』
彼(岩谷さん)が居ないことで、見えてくる事も沢山あるだろう。
今まで見えなかった部分、見ようとしなかった事やモノ。
彼がどれだけ大切な、必要な人だったか。
大切に生きて欲しい。応援してるよ。
当日も宜しくお願いします。

彼・・・
一酒販店、年下の私が彼呼ばわりするのは失礼かもしれませんが
敬意を表して・・・

今回の件で改めて自分たち開催する側の仲間の結束力が
更に高まった気がします。
(いつもありがとう、感謝してます)


〜資福寺さんで開催るまでの経緯と内容〜
ヒトミワイナリーさんとお取引をさせて頂けるようになって、
もう少しで5年。早いな〜!
最初はカリブーと今は醸造していない幻のワイン?
サン・スフルのロゼをお預かりしたっけ。
約5年の時を重ね、着実にお客様の理解を得て、
多くの方に飲んで頂いている実感がございます。
一杯、一度、一本で終わらず、何回もリピートして貰える喜び。
毎ヴィンテージ、毎ヴィンテージ楽しみに待っておられるお客様。
本当に嬉しい限りです。ありがとうございます。感謝致します。
 
年々、盛り上がりが増すヒトミワイナリーの会。
去年まではイル チルコロさんで2部制で行ってきたワイン会も、
キャパシティの問題・・・
そして一番は、造り手と私たちの体力の問題・・・
流石に2部制で昼、夜とこなすと、抜け殻状態になるわけでして。(笑)
この度、住職さんとのご縁により資福禅寺の境内をお借りしての開催。
『お寺でワインと料理を楽しむ』
多くの反響、お客様の前のめりな熱い思いがひしひしと感じております。
丁寧に誠実に作った、人の温もりを感じる事が出来るワインと料理。
そして多くの方々が集い、心を寄せ、信仰し、
悟りを開くことを目的に修行する人たちが暮らす場所であり、
そして一般の人に布教する場でもありますお寺。
導かれるように、自然な流れで決まった
今年のヒトミワイナリーさんのワイン会であるが、
醸造・栽培責任者の岩谷澄人さんに書いて頂いた
ワイングラスへのデザインが、実は様々な思いが込められています。
コレがヒトミワイナリー岩谷澄人の
最後のデザインになるとは思ってもみなかった。


 

 
 
日時 5月22日(日)12:30受付開始 13:00〜15:30まで
 
会場 資福禅寺 青葉区北山1丁目13−1
   市バス輪王寺前下車徒歩5分 
JR仙山線北山駅から徒歩15分
   仙台市営地下鉄東西線北仙台駅から徒歩15分
 
会費 8500円(フード8品、ワイン、ロゴ入りグラス、グラスホルダー込み)
   完全予約制(事前にチケットを購入していただきます)
   チケットは完売しました。
   (キャンセル待ちの受付も終了しております)
 
定員 100名様
 
会の当日、受付が終わりましたら、そのまま本堂にお入りいただきまして、
皆さんと一緒に住職のお話を聞いた後、会をスターとさせて頂きます。
 
雨天決行!本堂脇の大広間をご用意しております。
 
お問い合わせ (有)佐藤商店  022-234-2468  
       イル チルコロ 022-227-0180
                カフェ トムテ 080-4938-0038
 
「ヒトミと資福の時間」inあじさい寺、
当日は本堂で手を合わせ、建物、仏像、庭園などを鑑賞するのも良いでしょうね。
身の引き締まるような時間と空間・・・そして・・・
様々な思いが込み上げ、交差することでしょう。
 
会の詳細はこちらをご覧下さい。
http://sendaihachiman.satosyo1941.shop-pro.jp/?day=20160413

皆さんと、あの自然あふれる空間でお会い出来る事、
日本のワインとお寺、どんな会話が生まれ、時が流れるのか、
スタッフ一同、楽しみにしております。
ご予約頂きました皆様のお越しを、心からお待ちしております。
 

(有)佐藤商店  担当:佐藤守
〒980-0871
宮城県仙台市青葉区八幡2丁目21-29
TEL 022-234-2468
FAX 022-234-2470
メールアドレス satosyoten-1941@ymail.plala.or.jp
HP  http://sendaiekimae.com/sato_shoten/
オンラインショップ http://satosyo1941.shop-pro.jp/
ブログ http://sendaihachiman.satosyo1941.shop-pro.jp/ 
facebookページ https://www.facebook.com/satoshoten
いいね!お願いしま〜す!

 

「ヒトミと資福の時間」inあじさい寺。定員に達しました!本日よりチケット引渡し開始です!

  • 2016.04.20 Wednesday
  • 07:35
おはようございます。
 
若干肌寒い朝を向えております。
 
「ヒトミと資福の時間」inあじさい寺


嬉しい事に定員に達しましたので
昨日で予約を締め切らせていただきました。
まさか一週間で・・・!!
正直、来月ギリギリまでかかる可能性もあるよな〜何て思っていた俺。
お恥ずかしいです。

本日より、ご予約頂いた店舗にてチケットを引渡し開始です。

 
ヒトミワイナリーさんとお取引をさせて頂けるようになって、
もう少しで5年。早いな〜!
最初はカリブーと今は醸造していない幻のワイン?
サン・スフルのロゼをお預かりしたっけ。
約5年の時を重ね、着実にお客様の理解を得て、
多くの方に飲んで頂いている実感がございます。
一杯、一度、一本で終わらず、何回もリピートして貰える喜び。
毎ヴィンテージ、毎ヴィンテージ楽しみに待っておられるお客様。
本当に嬉しい限りです。ありがとうございます。感謝致します。
 
年々、盛り上がりが増すヒトミワイナリーの会。
去年まではイル チルコロさんで2部制で行ってきたワイン会も、
キャパシティの問題・・・
そして一番は、造り手と私たちの体力の問題・・・
流石に2部制で昼、夜とこなすと、抜け殻状態になるわけでして。(笑)
この度、住職さんとのご縁により資福禅寺の境内をお借りしての開催。
『お寺でワインと料理を楽しむ』
多くの反響、お客様の前のめりな熱い思いがひしひしと感じております。
丁寧に誠実に作った、人の温もりを感じる事が出来るワインと料理。
そして多くの方々が集い、心を寄せ、信仰し、
悟りを開くことを目的に修行する人たちが暮らす場所であり、
そして一般の人に布教する場でもありますお寺。
導かれるように、自然な流れで決まった
今年のヒトミワイナリーさんのワイン会であるが、
醸造・栽培責任者の岩谷澄人さんに書いて頂いた
ワイングラスへのデザインが、実は様々な思いが込められています。
ま、それは折を見て。

 

 
 
日時 5月22日(日)12:30受付開始 13:00〜15:30まで
 
会場 資福禅寺 青葉区北山1丁目13−1
   市バス輪王寺前下車徒歩5分 
JR仙山線北山駅から徒歩15分
   仙台市営地下鉄東西線北仙台駅から徒歩15分
 
会費 8500円(フード8品、ワイン、ロゴ入りグラス、グラスホルダー込み)
   完全予約制(事前にチケットを購入していただきます)
   チケットは完売しました。
   (今後はキャンセル待ちとなります。)
 
定員 100名様
 
会の当日、受付が終わりましたら、そのまま本堂にお入りいただきまして、
皆さんと一緒に住職のお話を聞いた後、会をスターとさせて頂きます。
 
雨天決行!本堂脇の大広間をご用意しております。
 
お問い合わせ (有)佐藤商店  022-234-2468  
       イル チルコロ 022-227-0180
              カフェ トムテ 080-4938-0038
 
「ヒトミと資福の時間」inあじさい寺、
当日は本堂で手を合わせ、建物、仏像、庭園などを鑑賞するのも良いでしょうね。

身の引き締まるような時間と空間・・・そして・・・
様々な思いが込み上げ、交差することでしょう。

 
会の詳細はこちらをご覧下さい。
http://sendaihachiman.satosyo1941.shop-pro.jp/?day=20160413

皆さんと、あの自然あふれる空間でお会い出来る事、
日本のワインとお寺、どんな会話が生まれ、時が流れるのか、
スタッフ一同も楽しみです。
ご予約頂きました皆様のお越しを、心からお待ちしております。
 
 
ヒトミワイナリー
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=41
 


ルイ・ジュリアン  2015
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=12
 
ダミアン ポドヴェルシッチ
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=149
 
ヴィットーリオ グラツィアーノ
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=204
 
ドメーヌ・ヨヨ
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=282
 
ドメーヌ・ジュリアン・ピノー   
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?pid=100579470
 
バルバカルロ
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=179
 
ヤニック・ペルティエ
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=188
 
ラ・フォンチュード
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=169
 
 
『配達は営業時間内で対応いたします』
平日  7:30〜20:00
祝日  9:00〜19:00
日曜  14:00〜19:00(午前中でも対応できる場合もございます)
イベントや出張の為に留守になる場合は、
対応できませんので、予めご了承ください。
営業時間外の配達や回収、又は郊外への配達に付いては
お気軽にご相談ください。
 
『幹事さんへ』
幹事を頼まれたけど、この人数でどのくらい飲む?食べる?予算は?
多くの対応を経験しておりますので、何でもご相談ください。
 
『ビールサーバーレンタルについて』
仙台市内中心部(弊社から約半径6km以内)は基本的に配達料無料でお届けしていますが、
ご相談ください。
郊外など場所によっては500円〜配達料を頂いておりますのでご了承ください。
ご来店頂ければ樽のみの値段でお貸しいたします。
(レンタル料、ガズ代、保証金は頂いておりません)
サーバーとガスボンベは接続させて貰い、樽のみお客様がつなぐだけ。
全てお教えします。女性一人で借りに来られても大丈夫です。
事前にご予約を頂いた方を優先しております。
電話、FAX、メール等でご確認ください。
特に週末はご予約が集中しますのでお早目のご連絡をお待ちしております。
(配達が出来なくてもご来店頂ければお貸しできる場合がございます。)
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/beer_server/index.html
 
『配達サービス&料金について』
ビールサーバー以外にも瓶ビール、缶ビール、清涼飲料水、カクテル、チューハイ、
日本酒、ワイン、焼酎、おつまみ(乾き物、お菓子)・・・各種取り扱っております。
コップ(紙、プラ)、紙皿、箸、おしぼりも取り揃えております!
大型冷蔵庫を完備しておりますので、冷えた状態で、保冷剤とともに発泡スチロールに入れ、現場まで冷たい状態でお持ちいたします!
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/delivery/index.html
 
『お酒と&お料理(オードブル・お弁当)の配達特別企画』
一皿4,000円〜ご予算に応じて対応させて頂き、ビール、ワイン、日本酒、
清涼飲料水などと一緒にお届けいたします。
飲み物だけで約5,000円以上のご注文をいただいた場合に限ります。
(オードブル、お弁当のみの配達は致しておりません)
引渡しを佐藤商店でも可能です。
その際は約3,000円以上のアルコール類の購入をお願い致します。
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/project/index.html
 
『様々な配達に対応します』
社内での懇親会のアルコールやオードブルの配達。
子ども会のお菓子の詰め合わせ。
学生さんの合宿など、いろいろな集まりの食材や飲み物。
老人会や町内会の会合時の飲み物や軽食。
アイスクーラーの貸し出し。(飲み物などを冷やす箱)
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/haitatu.html

泉橋酒造さま
大切に思い、一生お付き合いしたい。
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=962514&csid=1
 
秋鹿酒造さま
新酒〜熟成させ旨味がのったお酒が皆さんをお待ちしております。
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=962514&csid=7
 
奥羽自慢さま 
じわりじわりと、お手に取って頂けて嬉しいです。
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=962514&csid=9


ナチュラルなビール
旨味たっぷりのクラフトビールからフランスのナチュラルビールまで。
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1591755&csid=0

ミシェル・クーヴルー
大人の世界へようこそ♪秋の夜長に。
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1949403&csid=1
 
カスタレード
食後の〆に、大人時間…時を刻みます。
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1856881&csid=1

敬愛する造り手のヴァン・ナチュール!
ゆっくりとご覧になってください。
隠れキャラ満載です(笑)
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=0

愛する日本酒。造り手さんや風土に惚れた日本酒があります。
取り扱い蔵元は数件と少ないですが、毎晩飲んでも飽きない、
毎晩飲みたくなる酒がここにある。
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=962514&csid=0

ビールサーバーの詳細はこちらをご確認ください。
基本、仙台市内中心部は配達無料でお届けしてますが、
(弊社から約半径6km以内)←ご相談ください。
郊外や場所によっては500円〜2,000円配達料を頂いておりますので
ご了承ください。
事前にご予約を頂いた方を優先しております。
電話、FAX、メール等でご確認ください。
ビールサーバー以外にも瓶ビール、缶ビール、清涼飲料水、カクテル、チューハイ、
日本酒、ワイン、焼酎・・・各種取り扱っております。
(コップ、紙皿、箸等も取り揃えております!)
大型冷蔵庫を完備しておりますので、冷やし、発泡スチロールに保冷剤を入れ、
現場まで冷えた状態でお持ちいたします!
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/beer_server/index.html

一緒に私が大好きな飲食店様のオードブルもお酒と一緒にお届け出来ます!
オードブルだけの配達は承っておりません。ご了承ください。
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/project/index.html

<span style="font-weight: bold;"><span style="color: #FF0000;">オンラインショップでのカード決済に
JCBとAMEXが追加で使用出来るようになりました</span></span>

フォロー、承認、宜しくお願いします!
Facebook  http://www.facebook.com/home.php#!/satosyoten.mamoru
Twitter  http://twitter.com/#!/satosyoten1941
佐藤商店facebookページ https://www.facebook.com/satoshoten
いいね!お願いしま〜す!

(有)佐藤商店  担当:佐藤守
〒980-0871
宮城県仙台市青葉区八幡2丁目21-29
TEL 022-234-2468
FAX 022-234-2470
メールアドレス satosyoten-1941@ymail.plala.or.jp
HP  http://sendaiekimae.com/sato_shoten/
オンラインショップ http://satosyo1941.shop-pro.jp/
ブログ http://sendaihachiman.satosyo1941.shop-pro.jp/ 
facebookページ https://www.facebook.com/satoshoten
いいね!お願いしま〜す!
 

『ヒトミと資福の時間』inあじさい寺。 今年もヒトミワイナリーさんのワイン会を開催します。

  • 2016.04.13 Wednesday
  • 06:43
おはようございます。
 
桜が満開と思っていたら、猛吹雪・・・
激しい寒暖の差に服もとっかえひっかえ。
毎日朝起きてヒートテック(長袖)を着るか着ないかを悩むのが
ここ最近の日課となっております。
 
お花見会場への配達がピークを向かえております。(大汗)
先週前半から毎日がトップギヤで走り続け、
例年を上回る多くのお客様からのご注文を頂きまして
誠にありがとうございます。感謝致します。
今週一週間は夜中までアクセル全開の予定。
本日も朝から各会場を行ったり来たりの一日になりそうです。
留守にしている時間帯もございますのでご了承ください。
 
 
桜の季節も終わり、新緑の季節がやってくると
あの男の足音が聞こえてくる!
今年も仙台に来ますよ!
滋賀県のヒトミワイナリー 岩谷澄人さん。
琵琶湖の南東部に位置し東近江市近郊で葡萄を栽培し醸造しております。
山形、岩手の契約葡萄農家さんを訪問し、最終の地が仙台。
今回はイル チルコロさんとカッフェ トムテさんとタックを組んで
ワイン会を開催致します。
そして今回の会場は、何と自然があふれる『資福寺』さん!
ご縁がありましてお借りできる事となりました。
先日、スタッフと打ち合わせに行ってきましたが、
あ〜♪こんなロケーションで飲食できたら最高だね〜!と。
心穏やかになれる空間とヒトミワイナリーのワイン、
想像しただけでワクワクしてきます。
ご用意する20種類以上の
攻め攻めの、あのワイン…
ユルユル〜な、あんなワイン…
よりナチュラルな方向性に向ったあのワインも…
渾身のワインを持参してくれるはず!!!
ワインリストは当日のお楽しみ…(笑)
色々と直接聞いてみたい事が山ほどあります。
日本(滋賀県)の、土地、風土、気候、微生物、そして『人』の情熱…
その土地だからこそ感じる事が出来る、果実からのメッセージを
皆さんにお届けしたいと思っております。
昔ながらの葡萄酒本来の味わいを、
 頭ではなく、体(心)で感じて欲しいのです。
堅苦しいワイン会ではありません。
自然豊な空間と、陽気なワインで心も体もほぐれ、会話が弾み
優しい料理と一緒に皆と楽しみましょう!
 
 
 
「ヒトミと資福の時間」inあじさい寺
今回で4回目となります、滋賀県のヒトミワイナリーの醸造家を招いてのワイン会を
5月22日(日)に開催いたします。時間は13:00〜15:30です。
過去3回は「イル チルコロ」にて2部制で行いました
年々盛り上がりが増しお客様の数も増え、1部、2部合わせて60名様以上のご参加を
いただきました。
そして4回目の今回は会場を北山のあじさい寺こと資福寺に移し、美しい境内をお借りし
開催いたします。天気が良ければ参道で花々や竹林を眺め、本堂にもお入りいただき美しいステンドグラスをアテにワインを楽しんでいただけます。
今回のお料理はイル チルコロ+カッフェ トムテの2店舗が提供します。
カッフェ トムテの女性シェフたちが作るやさしい味がヒトミのワインを更に引き立てて
くれる事でしょう。
資福寺は別名「花寺」または「あじさい寺」として親しまれ、四季を通じてツバキ、ウメ、
サクラ、マンサク、ショウブ、タイサンボク、アジサイ、ナツツバキ、サルスベリ、ムクゲヒガンバナ、ハギなど数多くの花が楽しめます。
伊達氏の移封に従い1638年に現在地に建てられた歴史ある寺です。
今回、住職のご好意によりお借りできる事となりました。
ヒトミワイナリーの醸造長岩谷氏は大学で東洋史や仏教史を学んでおり、なにかの縁を感じずにはいられません。資福寺の住職も岩谷さんも茶目っ気のある魅力的な人柄で、お寺とワインのコラボのみならず、住職と醸造家の不思議なコラボもとても楽しみな会になる事でしょう。岩谷氏の他、若手醸造人も数名参加されます。
美しい寺で美味しいワインを。そして日本の文化と日本のワインを感じる素晴らしい会に
お客様と一緒に作り上げれたら幸せなことです。ぜひご参加ください。

 

 
日時 5月22日(日)12:30受付開始 13:00〜15:30まで
 
会場 資福禅寺 青葉区北山1丁目13−1
   市バス輪王寺前下車徒歩5分 
JR仙山線北山駅から徒歩15分
   仙台市営地下鉄東西線北仙台駅から徒歩15分
 
会費 8500円(フード8品、ワイン、ロゴ入りグラス、グラスホルダー込み)
   完全予約制(事前にチケットを購入していただきます)
 
定員 100名様
 
会の当日、受付が終わりましたら、そのまま本堂にお入りいただきまして、
皆さんと一緒に住職のお話を聞いた後、会をスターとさせて頂きます。


雨天決行!本堂脇の大広間をご用意しております。
 
お問い合わせ (有)佐藤商店  022-234-2468  
       イル チルコロ 022-227-0180
              カフェ トムテ 080-4938-0038
 
本日13日から受付スタート!
お電話、FAX、メール、Facebook等のメッセージでも申し込み可能です。
お名前(カタカナ)、お電話番号をお知らせください。
こちらから確認のご連絡をさせて頂きます。
チケットは来週前半から会費と引き換えでお渡しいたします。
 


「ヒトミと資福の時間」inあじさい寺、
皆さんと、あの自然あふれる空間でお会い出来る事、
日本のワインとお寺、どんな会話が生まれ、時が流れるのか、
スタッフ一同も楽しみにしております。
 
 

(有)佐藤商店  担当:佐藤守
〒980-0871
宮城県仙台市青葉区八幡2丁目21-29
TEL 022-234-2468
FAX 022-234-2470
メールアドレス satosyoten-1941@ymail.plala.or.jp
HP  http://sendaiekimae.com/sato_shoten/
オンラインショップ http://satosyo1941.shop-pro.jp/
ブログ http://sendaihachiman.satosyo1941.shop-pro.jp/ 
facebookページ https://www.facebook.com/satoshoten

今年も滋賀県からやってくる!ヒトミワイナリーのワイン会に付いて。

  • 2015.04.23 Thursday
  • 11:02
いつもお世話になっております。Mamoruです
 
桜の季節も終わり、新緑の季節がやってくると
あの男の足音が聞こえって来る!
滋賀県のヒトミワイナリー 岩谷澄人さん。
琵琶湖の南東部に位置し東近江市近郊で葡萄を栽培し醸造している。
今回で3年連続3回目の来仙!
山形、岩手の契約葡萄農家さんを訪問し、最終の地が仙台。
今回もチルコロの吉田さんとタックを組んでワイン会を開催致します。
そして岩谷さんの3人の弟子が、各々が責任を持って醸造したワインを持参し
会に参戦してくれる事になっております。
自分にはまだ想像が出来ない、彼ら、彼女らの熱や思考を聞いてみたい。
その他のワインは、全て岩谷さんに選んで頂く事になっております。
ま〜間違いなく
攻め攻めの、あのワイン…
ユルユルな、あのワイン…
そして、よりナチュラルな方向性に向うあのワインも…何て、
妄想を膨らませておりますが
日本(滋賀県)の、土地、風土、気候、微生物、そして『人』の熱い思い…
あの渾身の一本を持参してくれるはず!!!
その土地だからこそ感じる事が出来る、果実からのメッセージを
皆さんにお届けしたいと思っております。
ワインの詳細は当日のお楽しみ…(笑)
 
そして毎回、お客様の心を掴んで放さない、
場所と料理を提供してくれる吉田さん。(いつもありがとう!)
今回も、一夜限りのスペシャルメニューで
皆さんを楽しませ満足させてくれる事、間違いないです。
 
既に多くの方からご予約を頂いておりますので、
お早目のご連絡お待ちしております。
宜しくお願い致します。
 
 
『人』+『農』+『食』=『ヒトミワイナリー』
〜岩谷澄人さんを囲んで〜
 
2015/5/16(sat) @ Cafe’ e Deli Circolo
 
ヒトミワイナリーのワイン約20〜25種類ご用意いたします。
 
第1部 13:00OPEN 15:30CLOSE
第2部 17:30OPEN 20:00CLOSE
 
会費7000円  定員各35名様 立食ビュッフェ料理
 
2部制で内容は同じです。どちらかご都合の良い方にご予約ください。
お早めのお問い合わせ・ご予約、皆様のご来店をお待ちしております!!
                      

カフェ・エ・デリ・チルコロ 022-227-0180
http://viniliberi.exblog.jp/
 
佐藤商店 022-234-2468
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/


 

ありがとうの一言に…

  • 2013.04.24 Wednesday
  • 04:59
Mamoruです。

またまたご無沙汰しております。
桜が開花した今月9日からお花見会場や、会社での懇親会への
沢山のご注文、配達、そしてご来店、誠にありがとうございました。
やっと昨日で山を越えた感じがします。
本当に感謝いたします。

榴岡公園へ

”にこらす”さんオードブル

佐藤商店 乾き物詰め合わせ

昨日も近所の花見会場へビールサーバーやオードブルの配達で
回収が完了したのが22時…怒涛の2週間でした。
最後は年配の男性(幹事さん)から握手を求められ…(汗)
『ありがとう!最高の花見になったよ!また来年も頼むぞ!』と
ありがたいお言葉をかけて頂き、疲れていた心身にぐっと込み上げて来る物が。
何か『ありがとう』って良いですね。
そんな言葉をかけて頂ける仕事をこれからも一生懸命続けて行きたいし
逆にお客様や愛する家族にも沢山使っていきたいな〜と。
人を笑顔にする力がありますね

『ありがとう』


ビールサーバーの貸し出し、オードブルのご注文、その他お酒、野菜等の配達は
佐藤商店のHPよりご確認下さい。
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/






大事な大事なお知らせです!

〜君の瞳に恋してる〜
滋賀県にありますヒトミワイナリーさん
“にごりワイン”で大人気なh3シリーズや
自社農園産の葡萄を使って醸造したTar tar Wineが
自分の心をわしづかみにしておりますが
何と!醸造・栽培責任者の岩谷澄人さんが
5月18日(土)に仙台に来て頂けることになりました!

16日は山形、17日が岩手と葡萄農家さんへの訪問の翌日
仙台でワイン会を開催する事になりました。
是非ともこの機会に、岩谷さんのお話を聞き
チルコロさんの料理と共にワインを楽しんでみませんか!
堅苦しいワイン会ではありません。
ワイワイガヤガヤ、岩谷さんが醸した陽気なワインで心も体もほぐれ
感動の料理と一緒に楽しみましょう!


※当日ご案内するワインとは異なります。

ご用意するワインの半分が微発泡のワインです。
シュワシュワ〜、グビグビ系です(笑)
初夏に向けて面白く最高の相棒になってくれると思います。
岩谷さんの『農』に対する考え方や、何故『にごり微発泡』なのか?とか
色々と聞いて下さい。お話も解り易く楽しいでよ。
そして特別にリリース前の秘蔵ワインをお持ち頂き、
何故このワインを造り、仙台の地で貴重なワインをお披露目するのか…
岩谷さんのSOUL(魂)が入った大切で愛おしいワインを感じ聞ける
素晴らしい会だと思います。

是非とも皆様、お気軽にお問い合わせ下さい。

私が今年2月にワイナリーへお伺いした際のブログです。
ヒトミワイナリー訪問紀
http://pub.ne.jp/satosyo1941/?daily_id=20130224


ヒトミワイナリー(滋賀県)
『岩谷澄人さんのSOUL(魂)を感じよう!』
(醸造・栽培責任者)

場所 『カフェ・エ・デリ・チルコロ』
宮城県仙台市青葉区国分町1-7-10  022-227-0180
http://enotecailcircolo.com/

日時  5月18日(土)  一部 14:00〜16:30
                二部 18:00〜20:30

会費  6,000円

定員  一部、二部  各20名

ワイン 10種類+岩谷澄人さん厳選秘蔵ワイン3種類
    (微発泡にごりワインの陽気な美味しさ…h3、サン・スフル等) 
    (自社農園の葡萄から造り手の熱い想いを…Tar tar Wine等)

食事  ビュッフェスタイル

申し込み チルコロ 022-227-0180  (仙台市青葉区国分町1-7-10)
      佐藤商店 022-234-2468  (仙台市青葉区八幡2-21-29)

※ 定員に達し次第、締め切らせて頂きますのでご了承下さい。
※ 当日は立食ですが若干椅子もご用意しております。
※ グラスは一脚で対応させて頂きます。

オーナーシェフ吉田さんが、厳選した食材で作り出す
優しさと力強さを持ち合わせた人を魅了する最高の料理と
俺が飲みたいワインを造る!のもとで畑から醸造まで丹精込めて造られた
岩谷さんのワインと、どの様な融合を見せるのかお楽しみ下さいね。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


ヒトミワイナリーさんの在庫状況
オンラインショップに記載していないワインもございます。
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=41


自然で自由なワインはこちらから
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=0


Ps.最新の佐藤商店の入荷情報、イベントなどはFacebookやTwitterが早いです。
フォロー、承認、宜しくお願いします!

Facebook  http://www.facebook.com/home.php#!/satosyoten.mamoru

Twitter  http://twitter.com/#!/satosyoten1941


(有)佐藤商店   担当:佐藤守
〒980-0871
宮城県仙台市青葉区八幡2丁目21-29
TEL 022-234-2468
FAX 022-234-2470
メールアドレス satosyoten-1941@ymail.plala.or.jp

HP  http://sendaiekimae.com/sato_shoten/

オンラインショップ http://satosyo1941.shop-pro.jp/

ブログ http://pub.ne.jp/satosyo1941/

***  Facebook  ***
mamoru:  http://www.facebook.com/home.php#!/satosyoten.mamoru
hiroko:  http://www.facebook.com/home.php#!/profile.php?id=100004249684645


***  Twitter  *** 
Mamoru: http://twitter.com/#!/satosyoten1941
hiroko: http://twitter.com/#!/satosyo_hiro

-----

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM