心を預かり、育て、届けたい。

  • 2017.03.18 Saturday
  • 03:58

おはようございます。

 

起きて鏡を見たら目の下に大きなクマさんが二匹!

今週は至る所にガタが来ている家の修繕作業に業者が入っていて、

普段とは違う空気と不便さに加え、

公私共にバタバタな一週間だったので体に反応が出ましたね。

世間は3三連休〜〜〜〜〜!

昨日も嫁さんと温泉でも行きたいね〜と・・・・・・

そろそろ佐藤家恒例、夏の合宿の計画でもたてて

家族のテンションでもUPさせるかな(大汗)

 

今週も会社関係様からや、その他多くのご注文や配達の依頼を頂戴しまして

誠にありがとうございました。

佐藤商店の大きな柱の一本。

ビールサーバー、お酒、飲み物、オードブルを指定の場所、時間にお届けいたします。

飲み物は冷えた状態で発泡スチロールに保冷剤をいれお伺い致します。

基本、仙台市内中心部は無料で配達しておりますが、

郊外や場所によっては若干でございますが配達料を頂いております。

ご了承ください。

先ずはお気軽にお電話やFAX、メール等で。

担当:佐藤守
TEL 022-234-2468
FAX 022-234-2470
メールアドレス satosyoten-1941@ymail.plala.or.jp
HP  http://sendaiekimae.com/sato_shoten/
お花見会場へのご依頼も入ってきました!

お早目のご連絡、お待ちしております。

 

先ずは長男坊の送迎〜三男坊の“おんぶ“への流れ。

土曜日を体で感じます(大汗)

本日も20時まで全力疾走になりそうです。

天気も安定しお出かけ日和の三連休。

明日14時オープン、19時閉店。

明後日9時オープン、19時閉店。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

先日届いたドメーヌナカジマさんのカベルネフランを

じっくりと10日間、経過観測しながら飲んでみました。

中島さん的には飲み頃は二年後の2019年頃からと・・・

でも今の状態を知っておく事が大事と思い涙を呑んで抜栓。

硬いと言うより閉じている印象。

去年の秋に収穫の手伝いにお伺いした際に、

瓶詰め前の樽に入っている状態から飲ませて頂き、

『仰け反った』のを鮮明に思い出す。

2014年から比べると兎に角パワフルで潜在能力を溜め込んだワインの印象。

晩熟品種でもあるカベルネフランは雨の影響もさほど受けることなく、

2015年と言う年を反映した良いヴィンテージになったと。

どうしても『カベルネフラン』=『青いピーマン香』を連想させますが、

彼のワインからは探さないと感じないほど葡萄の完熟度が上回り

品種本来の出し汁のようなコクと旨味、清涼感のある酸と繊細なタンニンが特徴かと。

中島さんも収穫2週間前までは葡萄を食べるとバリバリにピーマン香だけど、

10月下旬から11月上旬まで引っ張って成熟されると全くしませんよ!と

収穫しながら食べると、いや〜ビックリですよ。

甘い!旨い!酸も確りと残っていて芳醇な旨味。

成熟が進んでシワシワになっている葡萄なんてレーズンみたいに甘いし!

ファーストヴィンテージの彼のカベルネフランを飲んだ時の驚きと感動は

一生忘れる事はないだろう。

フランス?ロワール?ブラインドで出されたら答えただろう。

でも一昨年の訪問、去年の収穫の手伝いをして、

誰に似ているとか、フランスのあの産地のあの品種だね〜とかではない、

東御のあの風土が成す力。

南向きの急斜面、粘土質や火山灰土の土壌。

そして雨が一年を通して少なく風通しが良い地区。

収穫していると頭の上には赤とんぼ。

目線の高さにはそれを狙うクモ。

足元を見ると蛙やバッタ、様々な昆虫が生息し、

その下の土には小さな小さな微生物が存在し、自然が循環しているのが解る。

その年を反映させ健全で丹精こめて造られたヴァン・ナチュール。

『自然が造る生き生きとしたワイン』

あの場所に立ち、一緒に働き、一緒に同じ景色を見て、一緒に同じ空気を吸う。

だからこそ分かち合える気持ち。

容易い事ではないけど、

自然と共に生き、自然に生かされ、自然に抱かれ育てられたワイン。

それがドメーヌナカジマ、中島豊さんのワインなのだ。

 

去年お伺いした際に見たワイナリーから見た沈む夕日。

引き込まれていくような夜景。

無数に広がる星空と消えゆく太陽のコントラスト!

も〜心が・・・・『ジ〜ン!』

この大自然も、味わいのエッセンスとなっているのは間違いない。

また今年も行くか!

あ・・・脳裏にあの斜面と筋肉痛が甦ってきました(笑)

また必ず伺います。はい。

 

初日は閉じていたカベルネフランですが、

二日目からの香りの広がり、出し汁のような旨味の凝縮感、

後に支える酸が綺麗なことと言ったら。涙もんです。

永い眠りからゆっくりと目覚め、ピークは3〜4日目でしょうか?

も〜スルスル飲めるけど葡萄本来の美味しさが前面に出て

ワインとしての資質、立ち位置、着地地点、惚れ惚れします。

もし、もしですよ、

27年3月時点で一日で飲むのならデキャンタージュをオススメします。

できればゆっくり数日間かけて楽しんで欲しいです。

 

嫁さんお手製お稲荷さんと(クルミ入り)

稲荷には目がいない俺・・・悶絶です!

 

中島さん的には2019年頃から開いてくると言っておりますが、

待てない方が大半かと(汗)

自分もその一人ですし、今を感じてみたい一人。

飲み頃・・・

最近、何年が飲み頃ですとか、今ですとか(自分も言うが)、

飲み頃を決めるのは飲み手。

今飲みたいと思えは今を楽しめば良いかと。

限りなくあるスペースと、金銭的な体力があれば、

全てを2019年まで保管してから販売したい。

それは不可能なので、入荷本数の極一部を今回販売したいと考えてる。

本数が少ないシュナンと、メルローは来年以降にと貯蔵庫の奥へ。

カベルネフランを数本のみ本日から販売します。

ご興味がある方はご連絡お待ちしております。

保管するのも良し、今を楽しむのも良し、

それはアナタが決める事です。

確かに本数が少ないワインを開けるのは勇気がいります。

誰かが言ってた、誰かが書いてたから、では無い、

自分の判断で飲んだ時のドキドキ感、スリル、エクスタシーは

何事にも変えられない喜びと感動を与えてくれるでしょう。

自分が飲みたい時が飲み頃だと思います。

本当に素晴らしいワイン。

次は秋ごろにでも飲んでみますかね。

会社からすれば一本も飲まず、全てお客様にお渡しできれば

利益も出るし一番良いのでしょうか、

そんな売り方をしたくはないし、自分も飲んで楽しみたい。

だって好きなんだもん。

信頼する造り手だからこそ魂をもって。

信頼する造り手のワインだからこそ愛情をもって。

少ないですが、私がお付き合いさせて頂いている日本の生産者、

全てに言える事です。

彼らからは、酒屋としての利益ではない、

『心を預かり』、『育て』、お客様お一人お一人に届けたい。

その気持ちだけです。

ワインの文化や楽しみ方も一緒にお伝えできればと思っております。

 

 

 

ドメーヌ・ナカジマ
ペティアン・ナチュール・ロゼ 2015 ロゼ 微発泡

2015年が絶好調〜!

完全に私のツボに入ってます!(笑)

とろとろスモモちゃんです。

ワイナリー在庫も底を付き完売!

先日入荷した分で2015年は販売終了。

保管、イベント、経過観測用に確保したら、

残り10本程度が販売用と判明!

飲み逃しなく。

 

2016年も調子が上がってきました。

発泡は少ないので気軽に食卓へ。

日照不足の影響で柔らかい果実の旨味と香りは抑え目ですが

その分、酸味と果実のバランスがとても良く

食と合わせるなら、2016年の方が寄り添ってくれそうです。

2015年から比べると生産本数も少ないので

早めの完売が予想されますのでご注意くださいね。

フレッシュなスモモちゃん。

お花見のお供に最高じぁないかな〜♪

宜しくお願いします。

購入については基本的に店頭販売のみ。

発送をご希望の方はご連絡を頂ければ対応致します。

satosyoten-1941@ymail.plala.or.jp

 

また飲んじゃった!!

やめられない美味しさ。

奥羽自慢にごりざけ

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=962514&csid=9

本日ドドドド〜〜ンと再々入荷します(笑)

 

山形県村山市、『ひつじや』を営む西塚さんご夫婦の愛の結晶。
『くみっこ』自家製“いぶりがっこ”が届きました。

丘の上で羊と共に生き、その生命をいただきながら生活する西塚さん。
循環型農業で、土地にも人にも優しい農法で栽培した大根から作られた
“いぶりがっこ”5年目に突入です!
何年前になるんでしょうね、『この“いぶりがっこ”商品化したいんだ!』と
西塚さんが言っていたのは。 様々なご苦労がありましたね。
今年もリリース出来る事、自分の事のように嬉しいです。
ここから長年かけて歴史が作られて行くのだと。
試行錯誤しながら積み重なる旨みのワンダーランド。
歳を重ねることによる経験や知恵、

でもそれだけではない、あの村山の土地、風土だから出来る味わいに、

西塚さんご夫婦、そして『がっこ隊』の味が重なる。
皆さんも同じ歳を重ね、同じスタンスで歩いてみませんか。
素晴らしい景色が待ってます。

正式に販売されて2シーズン目、自信を持ってオススメします!
めっちゃ美味しいですよ!

保存料、添加物なしの『無添加ヴァージョン』と

 

収穫した大根をその年の年末年始に食べる為に

調味料が加えらて軽く熟成をかける昔から伝えられる伝統の味。

『ノーマルヴァージョン』も入荷しております。

200g前後から400g弱まであり、グラム数によって金額が違います。

100g260円

写真は3本入りですが、2本入りと4本入りが中心。

価格は550円前後〜1100円前後まで色々です。

地方発送も可能です。

ワインや日本酒と一緒に楽しんでみませんか!

 

個人的に去年販売された『いぶりがっこ』を冷蔵庫で一年熟成していて、

今回の無添加ヴァージョンと比べてみると、

(左が一年冷蔵熟成、右が今期の無添加バージョン)

熟成という、味わいや燻製香の浸透性があるんだな〜と改めて。

本当に素晴らしいです。

ここから春、夏、秋と季節の移り変わりと共に

味わいもドンドン成長していきます。

今年はもっと寄り添い、見守り、育ててみたいと思っております。

 

 

 

サルダ アッフミカティ

クロマグロのオイル漬け

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2252611&csid=1

『この缶詰高いよね〜!』

『はい、高いです!』

『食べた?』

『まだです・・・』

こんな会話が何度とあった事か。

何でここまで高いのだろう?

新鮮な黒マグロを漁港のそぐ側の加工場で・・・

輸入コスト・・・

『そんな事言ったって缶詰にこの値段は出せないよ〜♪』

ごもっともで御座います。

なら私が食べてストレートにダイレクトな言葉で。

先日とあるプロジェクトの打ち上げに持参した中トロのオイル漬け(緑缶)。

お伺いしたお宅の亭主も

『気になって、気になってはいたけれど、手が出ないよね〜』と。

皆で仲良く手を合わせ『いただきま〜す♪』

う・う・旨い!!!

言葉にならないぐらい旨い。

マグロの缶詰の概念が覆される驚愕の美味しさ。

まさに、中トロ!

表面の柔らかさは何となく想像していたけど、

中の中心部分部分まで柔らかく、“ほろほろ”とした食感で、

ス〜ッと口の中で解けていく不思議な感覚。

オイルも上質なのがキレや香りで解る。

これ缶詰ですよね???と皆で(笑)

パサパサしていたり、妙にオイル臭かったり、油が強かったり、

全くそんな事はなくて兎に角優しい美味しさにつきるのだ。

“ほろほろ“と崩れる身が口いっぱいに広がり幸せを運んでくれる。

日常の缶詰、緊急用の缶詰ではないかもしれないが、

何か良い事あった日にお試し頂けたら幸いです。

幸せが訪れてくれるはず。

 

ジェラール・シュレール・エ・フィス
リースリング フースロック 2013 白   
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?pid=101805981


生産者:ジェラールさん&ブルーノさん親子
生産地:フランス・アルザス
品種:リースリング100%

 

プェルシックベルグと対極にあるワインかと。
強靭なミネラルで引っ張るタイプではなく、
少し力が抜けた柔らか味があるミネラル。
同時に抜栓して頂けると同じ品種だけに
明確にわかって頂けるのではないか。
間違いなく多くの方に受け入れられやすいのは
フースロックではないでしょうか。
先ず、シュレールのワインを飲みたいと言う方には
ここ数年から最近リリースされたキュヴェの中でも
フースロックが良いような気がします。
入荷した全てのワインを試飲しているわけではないので、
その辺はご了承くださいね。
揮発酸が高いわけでもなく、

還元的なニュアンスが強く出ているわけでもなく、
安心して皆様に今オススメできるワインかと。
グレープフルールや完熟したパイナップル、キュウイ。
舌の上を転がり食欲を益々増進させるピチピチとした刺激に
先ずはガッツポーズ。一発目から旨い!
時間の経過、日数によって消えてきます。
鉱物的なミネラルか強くパワフルと感じるけど、
でも柔らかく優しく柔軟な果実の塊のような気がする、
不思議な感覚に陥る。
どうしてもシュレールのワインだと揮発酸が高いんじゃない?
とか色々言われる事が多いかもしれませんが、
このキュヴェに関しては(自分が飲んだボトル)
兎に角、サクサクと飲み進める事が出来る。
時間と共にナッツやバニラのニュアンスが見え始め、
鼻をくすぐる柑橘系の爽やかな香りと酸味が
僕たちの心を虜にする。
一歩一歩、少しずつ時を重ね刻み込まれて行く多くの記憶。
このワインも時を溜め、
数年後にはどんなワインになっているのだろうと、

勝手に妄想しながら、にやけてしまった。
料理と生きるワイン。
様々な食材、料理に寄り添ってくれそうですよ。
畑の海の恵みが散りばめられ栄養満点の凝縮した旨味。
まさに宝石箱のようなパエリア。
トマトがたっぷり入り、酸味が良いアクセントになって
魚介類の出汁も余韻として長く残る。
そんな料理と相思相愛、ピタ!と寄り添い仲良しな二人。
いつまでも、いつまでも食べて、飲んでいたい、そんな食卓。
楽しんでくださいね。

 

 

ジェラール・シュレール・エ・フィス
ピノ・グリ トレ・セレ 2003 白    
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?pid=101805420


生産者:ジェラールさん&ブルーノさん親子
生産地:フランス・アルザス
品種:ピノ・グリ 100%

一言で『唯一無二』。
ここまでの味わいのワインに出会うのは中々ありません。
蜂蜜かりん漬けor高級梅酒でしょうね。
ワインですよねこれ?と疑いたくなるこの味わい。
アタックは甘く感じますが食道を通過すると???さっぱりスッキリ!
そこから奥に潜む完熟された芳醇な香りと旨味、苦味、酸味が
何処まで続くんだ〜〜〜〜〜!と言葉にしてしまうぐらいの
長い長い余韻への旅。
全身を包む包容力が至福の時間へ誘う。
笑っちゃうぐらい美味い!涙が出るぐらい感動!

心震える、そんな一本です。
値段・・・そんな事言ってる場合ではない。
時間をかけてじっくりと向き合ってみてください。
貴方に様々なことを問いかけてくる大切な時間になります。
日々の雑踏から逃れるように・・・
すがりたい、ささえて欲しい・・・
何もかも委ね・・・
素直に、ワインの力って凄いな〜と改めて感じた。
一本のワインが、一杯のワインが人生を変えてしまう。
そんなワインなのだ。

 

 

ジェラール・シュレール・エ・フィス
ゲヴュルツトラミネール ビルステゥックレ 2015 白   
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?pid=115193485

瑞々しい酸味、爽やかで香り高いゲヴュルツ、
体にス〜ッと沁みこみ消える甘味。
2015年を象徴したかのような芯のある凝縮した旨味があるのだが、
どこか清涼感さえ感じるワイン。
甘い、濃い、強い・・・そんなワインとは間逆のこのワイン。
開けたて微かなガスを感じながらライチ、花梨、蜜の雰囲気を保ち、
軽快な喉越しから新緑の時期の里山を思い描く。
29年3月時点では、酸も確り感じ取れるので、
温野菜や茸のキッシュ、魚介類の天ぷらも面白そうだ。
ゲヴュルツ=甘い
そんなイメージを持っている方には是非とも試して頂きたい一本です。
もし許すのなら2〜3本お買い上げ頂き、
先ずは今の状態を感じ、食と楽しみ、
これから未来へ繋がるこのワインを全力で受け止めて欲しい。
次に飲むのは5年後?10年後?
唯一無二の景色が待っているはず。

 

 

ジェラール・シュレール・エ・フィス
ゲヴュルツトラミネール・グラン・クリュ アイヒベルグ 2011 白   
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?pid=101805642


先日のイベントでも皆様の心を柔らかく解き放ってくれたこのワイン。
これ買えるの?在庫在る?勿論たっぷりございます。
とある集まりで抜栓したこのワイン。
約一ヶ月かけて楽しみました(笑)
一日一日、日々違う顔を見せてくれ、一枚一枚着ている服を脱ぎ、
最後はこのワインが本来持っている中心部分のみの旨味。
素晴らしい余韻と共に自分の記憶に刻み込まれました。
開けたて直後のピチピチとしたガスもたまらない。

 

 

ジェラール・シュレール・エ・フィス
リースリング ル・ヴェール・エ・ダン・ル・フリュイ 2014 白   
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?pid=101806189


グラスに注いだ瞬間からレモンの蜂蜜漬けのような柑橘系の香りが漂い
期待度MAXに動揺する自分を抑えきれない。
一口含めばそれはそれは素晴らしい果実の旨味が押し寄せ
支えとなっている複雑で葡萄を皮ごと丸かじりした時に感じる苦味と
伸びやかでキリッと引き締まった酸が確り感じ取れる。
二日目、三日目、四日目と更に調和が取れワインが球体となるだろう。
正直、まだまだ硬く閉ざされたワイン。
飲み頃までには時間を要するかもしれないが、
今の状態でも十分にポテンシャルを感じる。
一本飲んでも答えは出ない…考えれば考えるほど深みにはまって行く…
やはり頭で考えるな!体で感じろと言う事か?
文章にするのがとても難しいワインだな〜(笑)
素晴らしい造り手、現当主ブルーノさんの作品をどうお客様に伝えるか、
表現していくか、勉強になる一本です。

 

 

ジェラール・シュレール・エ・フィス
リースリング・グラン・クリュ プェルシックベルグ 2012 白  
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?pid=101805802

ジェラール・シュレール・エ・フィス
リースリング・グラン・クリュ プェルシックベルグ 2011 白  

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?pid=115193622

 

 

ヴォドピーヴェッツ

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=119

ラディコン

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=63

ヴァルテル ムレチニック

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=110

ジョリー・フェリオル

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=233

ドメーヌ・リショー

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?pid=115095650

テヌータ・マッキアローラ

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=342

ヴォルトゥムナ

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?pid=114933372

ドメーヌ・ソリニー

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=292

ドメーヌ・ル・スカラベ

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=43

レ コステ

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=159

エッゲル フランツ

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=335

ヤニック・ペルティエ

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=188

レ・ヴィーニュ・ド・ババス

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=132

カルディナーリ

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=17

ペルスヴァル

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2144090&csid=1

極上の食卓をあなたへ

 

『営業時間』
平日  7:30〜20:00
祝日  9:00〜19:00
日曜  14:00〜19:00
(ご連絡を頂ければ午前中でも対応致します。)
イベントや出張の為に留守になる場合は、
対応できませんので、予めご了承ください。
営業時間外の配達や回収、又は郊外への配達に付いては
お気軽にご相談ください。

『配達について』
佐藤商店ではビールサーバー他、お酒、お料理の配達を承っております。
社内での懇親会、ご自宅でのパーティ、学生さんのイベント
子ども会のお菓子の詰め合わせ、老人会、町内会の集まりの飲み物などなど・・・
人数、ご予算によって対応しますので、お気軽にご相談ください。

『ビールサーバーレンタルについて』
仙台市内中心部(弊社から約半径6km以内)は基本的に配達料無料でお届けしていますが、
ご相談ください。
郊外など場所によっては500円〜配達料を頂いておりますのでご了承ください。
ご来店頂ければ樽のみの値段でお貸しいたします。
(レンタル料、ガズ代、保証金は頂いておりません)
サーバーとガスボンベは接続させて貰い、樽のみお客様がつなぐだけ。
全てお教えします。女性一人で借りに来られても大丈夫です。
事前にご予約を頂いた方を優先しております。
電話、FAX、メール等でご確認ください。
特に週末はご予約が集中しますのでお早目のご連絡をお待ちしております。
(配達が出来なくてもご来店頂ければお貸しできる場合がございます。)
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/beer_server/index.html
 
『ご用意しているもの』
ビールサーバー以外にも瓶ビール、缶ビール、清涼飲料水、カクテル、チューハイ、
日本酒、ワイン、焼酎、おつまみ(乾き物、お菓子)・・・各種取り扱っております。
コップ(紙、プラ)、紙皿、箸、紙おしぼり(使い捨て)も取り揃えております!
大型冷蔵庫を完備しておりますので、冷えた状態で、保冷剤とともに発泡スチロールに入れ、
現場まで冷たい状態でお持ちいたします!
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/delivery/index.html
 




アイスクーラーの貸し出しもしております。(飲み物などを冷やす箱)


『お酒と&お料理(オードブル・お弁当)の配達特別企画』
一皿4,000円〜ご予算に応じて対応させて頂き、ビール、ワイン、日本酒、
清涼飲料水などと一緒にお届けいたします。
飲み物だけで約5,000円以上のご注文をいただいた場合に限ります。 
(オードブル、お弁当のみの配達は致しておりません)
引渡しを佐藤商店でも可能です。
その際は約3,000円以上のアルコール類の購入をお願い致します。
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/project/index.html
『チルコロ』さん

『NOTE』さん

『にこらす』さん
 

ビールサーバーの詳細はこちらをご確認ください。
基本、仙台市内中心部は配達無料でお届けしてますが、
(弊社から約半径6km以内)←ご相談ください。
郊外や場所によっては500円〜2,000円配達料を頂いておりますので
ご了承ください。
事前にご予約を頂いた方を優先しております。
電話、FAX、メール等でご確認ください。
ビールサーバー以外にも瓶ビール、缶ビール、清涼飲料水、カクテル、チューハイ、
日本酒、ワイン、焼酎・・・各種取り扱っております。
(コップ、紙皿、箸等も取り揃えております!)
大型冷蔵庫を完備しておりますので、冷やし、発泡スチロールに保冷剤を入れ、
現場まで冷えた状態でお持ちいたします!
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/beer_server/index.html

一緒に私が大好きな飲食店様のオードブルもお酒と一緒にお届け出来ます!
オードブルだけの配達は承っておりません。ご了承ください。
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/project/index.html

<span style="font-weight: bold;"><span style="color: #FF0000;">オンラインショップでのカード決済に
JCBとAMEXが追加で使用出来るようになりました</span></span>

フォロー、承認、宜しくお願いします!
Facebook  http://www.facebook.com/home.php#!/satosyoten.mamoru
Twitter  http://twitter.com/#!/satosyoten1941
佐藤商店facebookページ https://www.facebook.com/satoshoten
いいね!お願いしま〜す!

(有)佐藤商店  担当:佐藤守
〒980-0871
宮城県仙台市青葉区八幡2丁目21-29
TEL 022-234-2468
FAX 022-234-2470
メールアドレス satosyoten-1941@ymail.plala.or.jp
HP  http://sendaiekimae.com/sato_shoten/
オンラインショップ http://satosyo1941.shop-pro.jp/
ブログ http://sendaihachiman.satosyo1941.shop-pro.jp/ 
facebookページ https://www.facebook.com/satoshoten
いいね!お願いしま〜す!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM