あ〜、山の中を走りたい!本日14時開店!

  • 2018.06.10 Sunday
  • 06:15

おはようございます。

 

湿気寒い朝。

梅雨入りしたかのような、どんよりとした空の仙台。

 

先週は体が辛かったな〜。

全身パンプUP&バキバキです!

今朝は長めに関節の可動域を広げるストレッチや各所のバランスを整える。

 

あ〜山の中を走りたい!

悪循環に陥っていることは自分でも解っているのだが、

一歩が踏み出せない今。

モヤモヤ感全開です。

先ずはシューズとウエアーでも買って走らざるを得ない状況でも作るか・・・

いずれにせよ、早い決断が迫られている・・・笑

 

 

昨日もテンポ良く多くの方にご来店頂き誠に有難うございました。

感謝致します。

ご夫婦でのご来店が多かったような???

何かあったのでしょうか・・・

 

配達で留守にしている時にご来店下さいました皆々様、

対応出来ずに申し訳ございませんでした。

またのご来店お待ちしております!

どうしてもこれからの季節、ビールサーバーやお酒の配達が増え、

弟一人では対応が出来ない場合があり、

スクランブル態勢での配達が多々ございます。

お酒を選んで欲しい!

話しながら購入したい!

顔を見たい・・・笑

そんな方はお電話頂いてからのご来店をオススメします。

(基本は店におりますのでご安心ください)

 

今日は日曜日ですので14時開店、17時閉店となっております。

先ずは商店会の仕事と外回りからスタート!

発送、メールの返信、事務処理と続きます(大汗)

本日も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

デ バルトリ
ロッソ ディ マルコ  2015 赤        
http://satosyo1941.shop-pro.jp/?pid=130144419


生産者:レナート デ バルトリさん
生産者:イタリア・シチリア

品種:ピニャテッロ100%

 

マルサーラ周辺で唯一と言っても良い土着赤品種ピニャテッロ。

(ペッリコーネとも呼ばれるようです)

ラベルには現当主レナート氏のお父さん、故マルコ デ バルトリさんが最初に買った車、アルファロメオのスパイダー62が描かれています。

 

2013年夏、仙台某所で行われた飲食店様と酒販店のみのワイン会。
イタリアが誇るワインの世界遺産と言うべきヴェッキオ サンペーリの造り手、
デ バルトリの次男セバスティアーノ氏を向え開催された。

ナチュラルな手法で土地や葡萄本来のポテンシャルを十分に引き出し
本物のワインが想像力や刺激を人に与え幸せにしてくれる感覚…
ロマンを感じてしまったあの時。
マルサーラ、ヴェッキオ サンペーリ…
過去、現在、未来、伝統、歴史…
全ての意味がこのワインたちに表現されているのだなと。


デ バルトリのワインに寄り添い、
エネルギッシュな料理との融合による体の中でおこる化学反応。

そして約160年の時の流れを感じた夜…。


あの時のセバスティアーノ氏の想いを自分は伝えきれているのか。
大きなとてつもないリスクを背負いワイナリーの存続・継続。

人間の行動、発言、思考及び慣習に見出される歴史的存在。
 
ロッソ ディ マルコを飲みながら改めて様々な事を考えさせられた夜だった。
抜栓直後から開いてますよ〜!
 

ラズベリーなどのフレッシュな香りを感じつつ、

土や腐葉土、プルーンや無花果の甘露煮、カシス、インクなどを中心に、

濃い完熟ベリーのニュアンス。

芳醇な果実感を味わいながら飲み進めると、

カシスや黒胡椒のスパイシーさも。

最初はしっとりと、なめらかな液体ながらも

徐々に瑞々しく優しい果実も現れてきます。


とてもチャーミングでエレガントを感じる酸味と

アクセントとなるタンニンが軽く支えとなっている。


飲んでいると“ほっとする”感覚。
温度が上がってくると、葡萄由来のレーズンの旨味がどんどん開いてくる。

 

緻密さと豊かな密度を感じるエキス感が両立するワインかと。
その中にはやはり酸味と言うキーワードが存在するから飲み続けられるのだと。

2日目も状態バッチリ!

一枚羽織を脱ぎ、豊かな香りの立ち上がりと、

滑らかな液体ながらソリットされ緻密で濃縮された果実が現れ、

鼻腔から抜ける余韻からは仄かにバニラ香と無花果煮、

ベリーの香りが支配し長く続く・・・

 

花であればスミレの花をイメージする。

ここ数年、里山歩きができていないが、

あの当時、スミレの花を見つけては心が和んだ記憶が蘇る。

 

スミレの花言葉でもある

『誠実』、『謙虚』、『小さな幸せ』

心に刻み歩んで行きたい。


味覚は感覚は千差万別だ。

10人いれば方向性に大きなブレは無くとも、
10通りの感じ方や伝え方があるだろう。
それで良いと思うし、大切な事は伝え続ける事。継続的だ。

そこだけはブレナイ男になりたい。


ベトナム風カボチャのカレー。メッチャ旨〜〜〜!


ロッソ ディ マルコとばっちりです。


チョコレートやレーズンやナッツがゴロゴロ入ったカンパーニュ、

ブルーチーズや山羊や羊のチーズと愛称が良さそうです。

 

鶏の煮込み料理や鯖の味噌煮。

茄子の挽肉炒めとか最高ッス!

 

その他のデ バルトリ

http://satosyo1941.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=885404&csid=97

 

 

 

いつも、そばに居てくれる家族のような存在。

『山田農場チーズ工房』(北海道亀田郡七飯町)

山田さんご家族

 

箱を開けた瞬間の嬉しさたるや・・・

涙が出るようです。

一瞬で七飯町、ご自宅、農園、山羊、羊、ご家族の笑顔が蘇ります。

大切に伝えさせて頂きます!

 

自生乳酸菌を使い、非加熱でチーズをつくる事を宣言!
できるだけエネルギーを使わず、ここの環境でできるチーズ造りを完結させ、

土地、風土をより反映したヤギと羊の混乳チーズです。

 

嬉しいな〜、嬉しいな〜。メッチャ嬉しいです!

子供達も『このチーズ凄げ〜!』、『美味しすぎるわ〜!』

『給食に出たら嬉しいな〜!』←それはね〜べ(笑)

子供達も虜にさせる優しい旨味。

口に入れた瞬間はパンチあるな〜と思っても、

なめらかで、優しくて、ス〜ッと消えてなくなり後味サッパリ!

(不思議です・・・汗)
山羊乳の持つコクや甘味があり、ワインや日本酒などとの相性は抜群です。

 

このチーズは自然の力で熟成しているため青かびなどが生えます。
ブルーチーズの様にそのまま召し上がれますが、気になる場合は、
その部分を取り除いてお召し上がり下さい。

 

 

どのチーズも山羊乳主体+羊乳の混乳チーズです
名前も『ガロのチーズ!』
ガロとは、古代アイヌ語で「谷間の岩がごろごろしたところ」という意味だそうで、
地域の人たちは、土地のことを昔から「ガロ」と呼んでいたそうで、
これから、土地の風土を反映したチーズを作りたいと言う思いで、
ガロという名前を付けたそうです。


ガロ 熟成タイプ(80g以上)  1,078円 賞味期限 2018年 7月20日

 

昨日もお手に取って貰い、残り数個となりました!

俺、全部食べちゃうよ!お早めに!

 

 

 

 

『営業時間』
平日  7:30〜20:00
祝日  9:00〜19:00
日曜  14:00〜19:00
(ご連絡を頂ければ午前中でも対応致します。)
イベントや出張の為に留守になる場合は、
対応できませんので、予めご了承ください。
営業時間外の配達や回収、又は郊外への配達に付いては
お気軽にご相談ください。

『配達について』
佐藤商店ではビールサーバー他、お酒、お料理の配達を承っております。
社内での懇親会、ご自宅でのパーティ、学生さんのイベント
子ども会のお菓子の詰め合わせ、老人会、町内会の集まりの飲み物などなど・・・
人数、ご予算によって対応しますので、お気軽にご相談ください。

『ビールサーバーレンタルについて』
仙台市内中心部(弊社から約半径6km以内)は基本的に配達料無料でお届けしていますが、
ご相談ください。
郊外など場所によっては500円〜配達料を頂いておりますのでご了承ください。
ご来店頂ければ樽のみの値段でお貸しいたします。
(レンタル料、ガズ代、保証金は頂いておりません)
サーバーとガスボンベは接続させて貰い、樽のみお客様がつなぐだけ。
全てお教えします。女性一人で借りに来られても大丈夫です。
事前にご予約を頂いた方を優先しております。
電話、FAX、メール等でご確認ください。
特に週末はご予約が集中しますのでお早目のご連絡をお待ちしております。
(配達が出来なくてもご来店頂ければお貸しできる場合がございます。)
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/beer_server/index.html
 
『ご用意しているもの』
ビールサーバー以外にも瓶ビール、缶ビール、清涼飲料水、カクテル、チューハイ、
日本酒、ワイン、焼酎、おつまみ(乾き物、お菓子)・・・各種取り扱っております。
コップ(紙、プラ)、紙皿、箸、紙おしぼり(使い捨て)も取り揃えております!
大型冷蔵庫を完備しておりますので、冷えた状態で、保冷剤とともに発泡スチロールに入れ、
現場まで冷たい状態でお持ちいたします!
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/delivery/index.html
 




アイスクーラーの貸し出しもしております。(飲み物などを冷やす箱)


『お酒と&お料理(オードブル・お弁当)の配達特別企画』
一皿4,000円〜ご予算に応じて対応させて頂き、ビール、ワイン、日本酒、
清涼飲料水などと一緒にお届けいたします。
飲み物だけで約5,000円以上のご注文をいただいた場合に限ります。 
(オードブル、お弁当のみの配達は致しておりません)
引渡しを佐藤商店でも可能です。
その際は約3,000円以上のアルコール類の購入をお願い致します。
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/project/index.html

 

『Kaffe tomte』さん


『NOTE』さん

『にこらす』さん
 

ビールサーバーの詳細はこちらをご確認ください。
基本、仙台市内中心部は配達無料でお届けしてますが、
(弊社から約半径6km以内)←ご相談ください。
郊外や場所によっては500円〜2,000円配達料を頂いておりますので
ご了承ください。
事前にご予約を頂いた方を優先しております。
電話、FAX、メール等でご確認ください。
ビールサーバー以外にも瓶ビール、缶ビール、清涼飲料水、カクテル、チューハイ、
日本酒、ワイン、焼酎・・・各種取り扱っております。
(コップ、紙皿、箸等も取り揃えております!)
大型冷蔵庫を完備しておりますので、冷やし、発泡スチロールに保冷剤を入れ、
現場まで冷えた状態でお持ちいたします!
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/beer_server/index.html

一緒に私が大好きな飲食店様のオードブルもお酒と一緒にお届け出来ます!
オードブルだけの配達は承っておりません。ご了承ください。
http://sendaiekimae.com/sato_shoten/project/index.html

<span style="font-weight: bold;"><span style="color: #FF0000;">オンラインショップでのカード決済に
JCBとAMEXが追加で使用出来るようになりました</span></span>

フォロー、承認、宜しくお願いします!
Facebook  http://www.facebook.com/home.php#!/satosyoten.mamoru
Twitter  http://twitter.com/#!/satosyoten1941
佐藤商店facebookページ https://www.facebook.com/satoshoten
いいね!お願いしま〜す!

 

 

(有)佐藤商店  担当:佐藤守
〒980-0871
宮城県仙台市青葉区八幡2丁目21-29
TEL 022-234-2468
FAX 022-234-2470
メールアドレス satosyoten-1941@ymail.plala.or.jp
HP  http://sendaiekimae.com/sato_shoten/
オンラインショップ http://satosyo1941.shop-pro.jp/
ブログ http://sendaihachiman.satosyo1941.shop-pro.jp/ 
facebookページ https://www.facebook.com/satoshoten

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM